前頭部が薄いと感じた時の対策はコレ!

前頭部が薄いと感じた時の対策

前頭部の薄いと感じるのは男性ホルモンが原因です。男性ホルモンが毛根で2型5αリダクターゼと呼ばれる酵素の影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTは毛乳頭内で男性ホルモンレセプターと結合し、脱毛物質が産生されます。

生え際の後退、M字型脱毛は進行が早い特徴があります。産毛、毛根がなくなると育毛剤では対応ができなくなります。できるだけ早く育毛剤で対策する必要があります。DHTによって生成される脱毛物質はヘアサイクルを短縮します。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期に分かれていて、通常2年から5年ほどあります。脱毛物質は成長期の期間を短縮し、退行期に移行させてしまいます。

前頭部の薄毛対策としてはこの脱毛物質を生成させないことがポイントになります。育毛剤、サプリ等を使用してDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制することが抜け毛を改善します。最近の育毛剤はサプリとセットになった商品が増えています。サプリには特殊酵素5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシが入っています。より詳しくは育毛剤ランキング男性に詳しく解説されています。

前頭部の薄毛は毛母細胞を活性化する事が大切です

前頭部(生え際、M字)の脱毛に関しては、まずDHTの生成を抑えることが大切です。ただ、それだけでは十分ではありません。髪の毛の成長には毛母細胞の活性化が必要です。髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質から出来ています。タンパク質はアミノ酸(シスチン)から合成されます。

お肉や卵、大豆などのタンパク質を食べると、一度体内でアミノ酸に分解されます。アミノ酸が再び体内でタンパク質に合成されることで、髪の毛は生成されます。タンパク質の合成をサポートする亜鉛を摂ることは、髪の毛の成長に有効です。亜鉛は牡蠣やしじみ、ナッツ類、サプリなどで補給するのがおすすめです。

そして栄養分を毛根までしっかり届ける為に、血行を促進する必要があります。体全体の血流を良くすることが髪の毛の成長に欠かせません。血流を良くするには有酸素運動が1番です。1日に20分前後のウォーキング、ジョギング、自転車などが手軽でおすすめです。運動し慣れてない場合はウォーキングから始めるのがおすすめです。

その他には禁煙も育毛に有効です。タバコのニコチンは血行を悪くします。またビタミンCを消費してしまい、活性酸素が増えてしまいます。活性酸素は細胞を傷つけたり、血液を詰まらせる作用があります。また、ストレスも血行によくありません。リラックス出来る時間としっかりとした睡眠を摂ることが育毛対策にも非常に大切です。

前頭部の薄毛におすすめ育毛剤 BEST3

前頭部の育毛剤はDHT抑制がポイント

前頭部が薄い場合、活性型男性ホルモンDHTがレセプターと結合し、脱毛タンパク質を生成しています。脱毛タンパク質はヘアサイクルを短縮させてしまいます。育毛剤やサプリに配合されているノコギリヤシを中心に、DHTを生成させないことが非常に重要になります。

順位 商品名 金額 商品詳細
ブブカ
12,600円
120ml
30日間返金保証
育毛剤とサプリでDHTを抑制
育毛剤に含まれるオウゴンエキスとサプリに含まれるノコギリヤシでDHT抑制。さらに褐藻エキスM-034が脱毛物質の働きを抑制します。
口コミへ
チャップアップ
9,090円~
120ml
30日間返金保証
サプリにノコギリヤシ配合
育毛剤とサプリのセット。合わせて50種類の有用成分を配合しています。サプリにはDHTを抑制するノコギリヤシを配合。
口コミへ
フェルサ
9800円~
80ml
30日間返金保証
ダブルノコギリヤシで抜け毛対策
育毛ジェルとサプリがセット。抜け毛を予防するノコギリヤシをジェルとサプリの両方に使用。DHTの生成を抑制しつつ、亜鉛で髪の毛の合成をサポート。
口コミへ

頭頂部の薄毛にブブカが選ばれる3つの理由

DHTの生成を抑制する成分を配合
脱毛物質の原因となるDHTは男性ホルモンと特殊酵素「5αリダクターゼ」によって生成されます。育毛剤ブブカにはオウゴンエキス、ノコギリヤシ、大豆エキスが配合されています。これらの成分は5αリダクターゼの働きを阻害してDHTの生成を抑えます。その結果、脱毛物質も減少して抜け毛を改善します。
血流を改善して毛母細胞活性化
毛母細胞の活性化には毛乳頭への栄養補給が欠かせません。育毛剤ブブカには血流促進成分としてセンブリ、ニンジン、ニンニクなどのエキスを使用。血流量を増やして栄養補給をサポート。さらに、褐藻エキスM-034が毛根周りの細胞の活性化を促進し、毛髪の成長をサポートします。
頭皮環境を健やかにする
育毛剤ブブカには抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2kや保湿作用のあるビワ葉エキス、ボタンエキス、クロレラエキスなどを配合。毛穴づまりの原因となる炎症を抑制し、頭皮の潤いを与えます。また、香料、鉱物油、パラベンなどの刺激物は無添加。頭皮へのダメージを軽減しています。

育毛剤ブブカ 詳細

育毛剤、サプリのセット。褐藻エキスM-034を配合した育毛剤とノコギリヤシ、亜鉛を配合したブブカサプリで前頭部の抜け毛を改善し、育毛を促進します。


価格・送料 12,600円 送料無料
内容量 120ml
返金保証 購入日から30日以内は返金保証付き
有効成分 センブリエキス、グリチルリチン酸2k、ジフェンヒドラミンHCIなど

前頭部の薄毛対策 男性ホルモン



前頭部の薄毛対策はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状が殆どです。AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)にあります。DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼが結合して生成されます。DHTが増えるとヘアサイクルが短くなり、細くて短い毛が増加します。

AGA治療に有効なのがフィナステリドです。フィナステリド配合の治療薬ではプロペシアが有名です。フィナステリドは医薬品のため、皮膚科や内科、薄毛治療クリニックで処方されています。5αリダクターゼを阻害することで、DHTが発生するのを防止します。

フィナステリドはAGA治療に非常に効果の高い治療薬です。ただ、5%前後の割合で副作用が報告されています。副作用の多くは性欲減退、勃起不全です。

ミノキシジルの効果



AGA治療でフィナステリドと併用したいのがミノキシジルです。ミノキシジルはリアップなどに含まれる血管を拡張する成分です。ミノキシジルは頭頂部の薄毛対策にも使用されていますが、前頭部の薄毛対策にも有効です。

ミノキシジルは血管を拡張して血流を改善する作用があります。血流が改善することで、栄養や酸素が毛根に届きやすくなります。毛根に栄養が届くと毛乳頭細胞が活性化し、毛髪が成長します。

ミノキシジルはリアップのような外用薬が大半ですが、薄毛治療クリニックではミノキシジルタブレットも処方されています。内服タイプのミノキシジルは血管拡張作用が強く、より育毛効果が期待できます。ただ、副作用の心配があるため血液検査をしてから処方されます。

頭皮注射で前頭部の薄毛対策



前頭部の薄毛治療で注目されているのが頭皮注射です。発毛促進カクテルを頭皮からダイレクトに注入します。クリニックによって発毛促進カクテルに違いはありますが、様々な成長因子や育毛成分が配合されています。

・成長因子で毛根を活性化
発毛促進カクテルには成長因子が豊富に配合されています。成長因子には毛母細胞を活性化するKGFをはじめ、血管新生作用のあるVEGF、ヘアサイクルを改善するHGF、チモシンβ4などがあります。

その他、代謝を活性化するコエンザイムQ10、ビタミン、ミネラルなどの豊富な栄養分が含まれています。育毛剤とは違い、ダイレクトに毛根に届くため、強い発毛促進効果が期待できます。

頭皮注射は冷却器具を使用するなどし、痛みを軽減しながら行います。最近では針を使わないMEDJET方式、電流を利用するエレクトロポレーション方式などもあります。注入する方法はクリニックによって異なります。

頭皮注射は1回あたり5分から10分程度で終了します。薄毛部分に注射を20回前後行います。頭皮環境による副作用の心配はありません。ただ、費用は1回あたり数万円以上とかなり高額になります。

自毛植毛で薄毛治療



生え際の後退、M字ハゲなど、前頭部の薄毛が進行した場合、育毛剤などでは改善しないこともあります。そのような場合、自分の後頭部の毛包を薄毛部分に移植する自毛植毛があります。

後頭部の毛根には男性ホルモンレセプターがありません。そのため、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が発生しても、ヘアサイクルが短くなることがありません。

自毛植毛にはメスを使用するFUT法、メスを使用しないFUE法があります。FUE法は術後の痛みが少なく、後頭部に目立つ傷跡も残りません。メスを使わないFUE法はアイランドタワークリニック、親和クリニックなどで行われています。ここでは自毛植毛の手順について紹介します。

1.刈り上げ、局所麻酔
自毛植毛の治療を行う際、まずバリカンで後頭部の髪を刈り上げます。それから局所麻酔を行い、施術中の痛みを抑えます。

2.毛髪のグラフト(株)採取
後頭部から毛包単位でグラフトを採取していきます。FUE法ではグラフトパンチを使って毛包を採取していきます。

3.移植ホールの作成
薄毛部分に移植ホールを作ります。移植ホールは小さい穴を開けることで、密度の高い植毛が可能になります。

4.毛包株の移植
薄毛部分にホールを開けたら、毛包株を移植していきます。空気圧によって細かいホールにしっかりと毛包株を植え付けていきます。頭皮に開けたホールの方が小さいため、自然に圧力がかかり、生着率はあがります。