前頭部が薄いと感じた時の対策はコレ!

前頭部が薄いと感じた時の対策

前頭部の薄いと感じるのは男性ホルモンが原因です。男性ホルモンが毛根で2型5αリダクターゼと呼ばれる酵素の影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTは毛乳頭内で男性ホルモンレセプターと結合し、脱毛物質が産生されます。

生え際の後退、M字型脱毛は進行が早い特徴があります。産毛、毛根がなくなると育毛剤では対応ができなくなります。できるだけ早く育毛剤で対策する必要があります。DHTによって生成される脱毛物質はヘアサイクルを短縮します。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期に分かれていて、通常2年から5年ほどあります。脱毛物質は成長期の期間を短縮し、退行期に移行させてしまいます。

前頭部の薄毛対策としてはこの脱毛物質を生成させないことがポイントになります。育毛剤、サプリ等を使用してDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制することが抜け毛を改善します。最近の育毛剤はサプリとセットになった商品が増えています。サプリには特殊酵素5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシが入っています。より詳しくは育毛剤ランキング男性に詳しく解説されています。