前頭部が薄いと感じた時の対策はコレ!

前頭部の薄毛は毛母細胞を活性化する事が大切です

前頭部(生え際、M字)の脱毛に関しては、まずDHTの生成を抑えることが大切です。ただ、それだけでは十分ではありません。髪の毛の成長には毛母細胞の活性化が必要です。髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質から出来ています。タンパク質はアミノ酸(シスチン)から合成されます。

お肉や卵、大豆などのタンパク質を食べると、一度体内でアミノ酸に分解されます。アミノ酸が再び体内でタンパク質に合成されることで、髪の毛は生成されます。タンパク質の合成をサポートする亜鉛を摂ることは、髪の毛の成長に有効です。亜鉛は牡蠣やしじみ、ナッツ類、サプリなどで補給するのがおすすめです。

そして栄養分を毛根までしっかり届ける為に、血行を促進する必要があります。体全体の血流を良くすることが髪の毛の成長に欠かせません。血流を良くするには有酸素運動が1番です。1日に20分前後のウォーキング、ジョギング、自転車などが手軽でおすすめです。運動し慣れてない場合はウォーキングから始めるのがおすすめです。

その他には禁煙も育毛に有効です。タバコのニコチンは血行を悪くします。またビタミンCを消費してしまい、活性酸素が増えてしまいます。活性酸素は細胞を傷つけたり、血液を詰まらせる作用があります。また、ストレスも血行によくありません。リラックス出来る時間としっかりとした睡眠を摂ることが育毛対策にも非常に大切です。