前頭部が薄いと感じた時の対策はコレ!

前頭部の薄毛対策 男性ホルモン



前頭部の薄毛対策はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状が殆どです。AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)にあります。DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼが結合して生成されます。DHTが増えるとヘアサイクルが短くなり、細くて短い毛が増加します。

AGA治療に有効なのがフィナステリドです。フィナステリド配合の治療薬ではプロペシアが有名です。フィナステリドは医薬品のため、皮膚科や内科、薄毛治療クリニックで処方されています。5αリダクターゼを阻害することで、DHTが発生するのを防止します。

フィナステリドはAGA治療に非常に効果の高い治療薬です。ただ、5%前後の割合で副作用が報告されています。副作用の多くは性欲減退、勃起不全です。

ミノキシジルの効果



AGA治療でフィナステリドと併用したいのがミノキシジルです。ミノキシジルはリアップなどに含まれる血管を拡張する成分です。ミノキシジルは頭頂部の薄毛対策にも使用されていますが、前頭部の薄毛対策にも有効です。

ミノキシジルは血管を拡張して血流を改善する作用があります。血流が改善することで、栄養や酸素が毛根に届きやすくなります。毛根に栄養が届くと毛乳頭細胞が活性化し、毛髪が成長します。

ミノキシジルはリアップのような外用薬が大半ですが、薄毛治療クリニックではミノキシジルタブレットも処方されています。内服タイプのミノキシジルは血管拡張作用が強く、より育毛効果が期待できます。ただ、副作用の心配があるため血液検査をしてから処方されます。